サービス

港湾構造物防食補修

FRPカバー補修補強工法 FRP製高耐久性埋設型枠による既設桟橋・岸壁・護岸の補修補強

NETIS登録番号:KTK-170019-A
FRPカバー補修補強工法は、FRP製高耐久性埋設型枠を、カバー取付鋼材を介して桟橋の鋼管杭・岸壁・護岸の鋼矢板に設置して、コンクリート被覆を構築する、既設桟橋・岸壁・護岸の補強・補修工法です。
カバーは補強リブや付着マットを介してコンクリートと一体化する為、耐候性、遮塩性、中性化等の耐久性及び耐衝撃性に優れたコンクリート被覆を長期間維持することができます。

クリコンカバー

クリコンカバー(表面)

DS鋼管杭用F.R.P.クリコンカバー

クリコンカバー(裏面)

DP鋼管矢板用F.R.P.クリコンカバー

鋼管杭補修 構造概要図

DS鋼管杭用F.R.P.クリコンカバー

鋼矢板補修・鋼管矢板補修 構造概要図

DS鋼管杭用F.R.P.クリコンカバー

FRPカバー補修補強工法の特長

軽量 鋼管杭用(15kg/㎡)鋼管矢板・鋼矢板用(21kg/㎡)共に軽量である為、作業のリスク管理が容易です。
保護能力 FRPカバーは、耐衝撃性、遮塩性、中性化等の耐候性に優れています。
施工性 軽量である為、狭小地等でも取回しが容易です。取付工程がシンプルな為、熟練工を要しません。
工期短縮 従来の転用型枠に比べ、養生期間が不要な為、作業期間を短縮できます。(従来比1/4短縮)
商品のお問い合わせはこちら